PR

iPad処分する前にやる事はサインアウト&リセット(データ初期化)

iPad
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを継続的に利用している場合では、どこかのタイミングで新しい機種に変更したいな~と感じたりするものです。

この場合では現在使っている機種が余ってしまう事になるので下取りに出すか?売却するか?それともリサイクルに出すか?の選択に迫られます。

併用するという活用方法もありますが、個人が2台のiPadを併用しても自己満足で終わる可能性の方が高いのでオススメしません。

いずれにしても処分する場合は、どのようなことを行えば良いのか?という部分も気になります。

今回の記事は『iPad処分する前にやる事はサインアウト&リセット(データ初期化)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを処分したいと感じる場合もある

ここでは、色々な事情で所持しているiPadを処分する選択を行う場合も有るについての内容になります。

iPad処分の理由は個人差あり

所持しているiPadを処分する場合の理由は人それぞれ個人差があるので一概には何とも言えないのが実情になります。

その上で、可能性が高いと思われるのが使い道に困ってしまった場合なのではないかな?と感じます。

本来であればそのような展開にはならないのですが、購入前の検討の甘さがあると残念な結果に繋がる場合もあります。

特に、iPadは有れば便利に感じるけれども無くても何ら困らない便利なガジェットなので継続的に利用できる用途が求められます。

 

壊れたなら処分するのも仕方ない選択

iPadを使っていると、予期せぬ出来事にも遭遇します。例えば、うっかりデスクやテーブルの上から落下させてしまうといった感じ。

当たりどころが悪かったりするとディスプレイが破損したり、が付いてしまったりするので丁寧に取り扱う必要があります。

とはいえ、細心の注意を払っていても、こればっかりは不注意ですから致し方ない部分もあります。

もし、仮に、自分の不注意で壊れるような場合が発生したら、廃棄処分としてリサイクルに出す選択も必要になります。

 

まだ普通に使える場合は売却処分が最適に感じる

iPadを何に使うのか?によっても変わってきますが、ゲーム利用する目的で購入した場合では、遅かれ早かれ、購入してから早いタイミングでバッテリーの劣化に遭遇します。

毎日1回ぐらい充電するのであれば許容範囲ですが、1日に2回以上、充電が必要になる場合ではバッテリー交換 又は 新しい機種に買い替えを検討した方が良いです。

買い替える場合では旧機種を下取りに出すか?買い取り業者に売却するか?の2択が最適に感じます。

 

iPad処分する前にやる事!最低限必要な事がある

ここでは、今まで愛用していたiPadを下取り 又は 売却で処分する場合は最低限やらなければならない事があるについての内容になります。

バックアップ

今まで愛用していたiPadを下取り処分して、新しいiPadを購入する場合では、データをバックアップする必要があります。

また、完全にiPadをやめる選択の場合だったとしても、iPad本体に保存されている写真などの画像やミュージックファイル、その他必要に感じるデータも有ったりするので確認した方が良いです。

これらのファイルはパソコンでも利用できますから、利用できる物は残しておいた方が良い場合もあります。

 

iCloudからサインアウト

iPadを処分する前にやる事と言えば、iCloudからサインアウトになりますが、これを行うとどうなるのか?も気になると思います。

サインアウトすると、iPadとAppleサーバーの登録が解除されて、同期が停止するので、iCloudに保存されているデータは残ります。

 

リセット(データ初期化)

iCloudからサインアウトさえすれば問題ない!と考えてはいけません。何故か?というと、iPad本体には個人情報も保存されている場合があります。

特に、iPadのカメラで写真撮影した場合では、iPad本体に保存している場合も有りますから、綺麗に削除しておく必要があります。

これを怠ってしまうと、自分が処分したiPadを買った第三者に情報が渡ってしまう可能性も否定できません。

自己責任になりますから、後回しにせず、思いったったら直ぐにやっておいた方が無難です。

つまり、処分しようと思った時に、バックアップからサインアウト&リセットまで済ませてしまった方が良いです。

 

iPad処分する前にやる事はiCloudからサインアウト

ここでは、色々な事情でiPadを処分する選択を行う場合では、iCloudからサインアウトする操作が必要になるについての内容になります。

設定からApple ID のパスワード入力までの操作

① 設定
iPadの設定をタップすると、一般が選択されて開きます。

 

② アカウント
左側メニューの一番上にアカウントがあります。丸い枠の中に写真が表示されている場所になります。ここをタップします。

 

③ パスワード
ここでApple ID のパスワードが要求されます。パスワード入力します。

 

データコピーからサインアウトまでの操作

① データのコピー
データーのコピーをこのiPadに残すのか?を聞いて来るので個々で判断します。因みに、Safari、カレンダー、キーチェーンの3つ。

 

② 確認
ここで確認メッセージが表示されます。本当にサインアウトするのか?それともキャンセルするのか?

 

③ サインアウト
サインアウトをタップすると、iCloudからサインアウトになります。

 

④ 設定が表示される
サインアウトすると、アカウントの場所が「iPadにサインイン」という表示になります。

 

サインアウトの状態でも利用できる

iCloudからサインアウトすると、もう何も利用できないのかな?と思いきや、この状態からリセットできます。

 

iPad処分する前にやる事はリセット(データ初期化)

ここでは、実際にiPadを処分する選択に至った場合では、サインアウトだけでなく、リセットも必要についての内容になります。

iPadをリセットする操作方法

① 設定
サインアウトすると設定の一般が開きます。この状態で下にスクロールすると、「転送またはiPadをリセット」という項目があるのでタップします。

 

② 開始
転送またはiPadをリセットのページで「開始」が有るのでこれをタップします。このiPadを消去のページが表示されるので、「続ける」をタップします。

 

③ パスコード
このiPadに登録されている6桁のパスコードを入力します。「すべてのメディア、コンテンツ、および設定を消去してもよろしいですか?この操作は取り消せません。」という確認が表示されます。

 

④ iPadを消去
データを消去する場合は「iPadを消去」をタップします。キャンセルすることもできます。

 

iPadリセット後

iPadをリセットした場合はどうなるのか?といえば、初めてiPadを購入して初期設定を行う画面になります。工場出荷状態に戻る。

この状態で電源OFFにして「下取りに出す」又は「買取業者に持ち込む」、又は「リサイクル」に出すことになります。

iPad処分方法!新しく購入なら下取り、使えるなら売却(買い取り)
皆さん こんにちは! タブレット端末のiPadを所持している場合では、いずれどこかのタイミングで新しいiPadに買い替える 又は もう利用する予定がないので処分する選択を行う時が訪れます。 どっちの選択が最適なのか?は正直のところ、ケースバ...
iPad
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
isepad

コメント