PR

iPadオンスクリーンキーボード!Apple Pencilも便利に使用できる

iPad
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadでキーボード入力する機会もありますが、このような場合では、iPadと一緒に利用すると便利に感じる魅力的な純正キーボードを利用するのでしょうか?

いやいや、メモにちょこっとだけ入力するだけなので、キーボードを接続しなくても大丈夫といった感じの場合ではオンスクリーンキーボードで問題ありません。

どっちが便利に使えるのかな?も気になりますが、個人的にはハードウェアのキーボードの方が便利に使えると実感します。

今回の記事は『iPadオンスクリーンキーボード!Apple Pencilも便利に使用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用できるオンスクリーンキーボード

ここでは、iPadで文書作成などの用途でキーボード入力する場合ではオンスクリーンキーボードも利用できるについての内容になります。

iPad オンスクリーンキーボード

iPadの画面上で、アイコンが何もない場所で、下にちょこっとスワイプ操作すると、画面上に検索ボックスとSiriからの提案。

そして、画面の半分から下側にオンスクリーンキーボードが表示されます。ネットで調べたい事があったら、このキーボードで直ぐに入力できます。

Pagesやメモ帳などのアプリでも利用できるため、ハードウェアのキーボードを接続しなくても簡単にキーボード入力できます。

 

絵文字できる

オンスクリーンキーボードの左下の角にある顔マークのキーをタップすると絵文字の一覧が表示されます。

種類も豊富にあるので、使ってみたいと感じる絵文字(顔の表情、果物、交通機関など)も見つかると思います。

絵文字が利用できるのであれば、画像挿入の機能も欲しいな~と思ってしまいます。

因みに、元のキーボードに戻る場合は「あいう」をタップします。

 

音声入力できる

オンスクリーンキーボードのマイクアイコンをタップすると音声入力できます。いきなり音声入力が始まるので、タップしたら直ぐにiPadに話しかけた方が良いです。

※ 最初に利用する時は、音声入力を有効にしますか?というメッセージが表示されるので「音声入力を有効にする」をタップします。

 

iPadオンスクリーンキーボードの便利な機能

ここでは、iPadのスクリーン上にキーボード表示する場合に利用するオンスクリーンキーボードの便利な機能についての内容になります。

トラックパッドとしても利用できる

オンスクリーンキーボード上で指を長押しすると、トラックパッドとしても利用できるようになります。

元のキーボードに戻す場合は、指を放します。ライトグレーの表示から、キーボードに切り替わります。

 

フローティングキーボードになる

オンスクリーンキーボードの右下の隅にあるキーボードアイコンをタップしてそのまま押したままの状態にすると「フローティング」が表示されます。

このフローティングを選択すると、Apple Pencil用のフローティングキーボードに切り替わります。

※ 指先のタッチ操作でも入力できますけれども、お世辞にも便利に入力できるといった感じはないので、フローティング表示では、iPadタッチペンを利用した方が良いです。

 

ピンチイン、ピンチアウト操作で切り替えできる

通常のオンスクリーンキーボードの状態からフローティング表示する場合では、キーボードアイコンをタップする必要がありますが、こんな事をしなくても切り替えできます。

画面上に表示されている状態で、ピンチイン・ピンチアウトするとキーボードが切り替わります。必要に応じて臨機応変に対応できると思います。

 

iPadオンスクリーンキーボードはApple Pencilでも便利

ここでは、iPadで文書作成などの用途でキーボード入力する場合に必要な周辺機器についての内容になります。

Apple Pencilで使う場合

iPadでは、Apple Pencilも利用する場合もありますが、この時にキーボード入力したいな!と感じる場合も少なからず有ると思います。

でも、実際に操作すると、検索ではオンスクリーンキーボードが表示されないので、結局のところ、指先のタッチ操作で表示するのではないでしょうか?

このような事をしなくても、Apple Pencil だけでキーボードは表示できます。設定のApple Pencilを開くと、「スクリブル」のスイッチが有るので、このスイッチをオフに設定します。

そうすると、ちょこっと下にスワイプするだけで表示できるので、キーボード入力できます。

 

Apple Pencil 代替品でも利用できる

iPadオンスクリーンキーボードはApple Pencilに対応していますが、代替品の iPad対応タッチペンでも普通に利用できます。

筆者の場合は、iPadタッチペンを使っているのでオンスクリーンキーボードが利用できて助かります。

 

フローティングキーボードに変更できる

Apple Pencilでは、通常サイズのキーボードよりも、どちらか?というともっと小さいキーボードの方が便利に感じます。

このような場合では、フローティングキーボードに切り替えると入力し易いです。やっぱりペン先が細いですから、キーボードサイズも丁度よいのがベストです。

 

フローティング表示に切り替える操作方法

① 表示
先ず、オンスクリーンキーボードを表示します。

 

② アイコン
次に、画面の右下にあるキーボードのアイコンを長押しすると、フローティングが表示されるので、タップします。

 

③ iPadの画面
とてもコンパクトなフローティングキーボードに切り替わり、ドラッグ&ドロップ操作で移動できる状態になります。

 

iPadオンスクリーンキーボード使用レビュー

ここでは、iPadで利用できるPagesなどのアプリでオンスクリーンキーボードを使ってみた感想についての内容になります。

イマイチに感じる部分

Pagesやメモアプリでオンスクリーンキーボードを使ってみると、ファンクションキーが無い事に気が付きます。

いつもパソコンで文書作成等を行う場合ではファンクションキーも利用しているので、逆に無いとちょっと不便に感じます。

とはいえ、使い慣れてしまえば特に気にする事もないですから、こういう仕様ということで利用するのが良いと思います。

 

Pagesで使ってみた感想

Pagesには画像の挿入もできるのですが、オンスクリーンキーボード側にも有った方が良いのではないかな?と感じます。

入力のし易さに関して言えば、数字キーが有った方が便利に感じるといった感じでしょうか?文書作成ではフォントも関係ありますが、選択できるようになっているので、この機能は便利に使えます。

逆に分かりづらいと感じるのは、段組み区切りを選択した時に、どうやって解除すれば良いのかな?ですね。未だに分からないです。

 

メモアプリ使ってみた感想

iPadにインストールして利用しているメモアプリはメモ帳になります。

これをよく使っているのですが、これを利用する場合ではオンスクリーンキーボードよりもハードウェアのキーボードの方が入力し易いと感じます。

その理由としては、切り替えなくても数字キーを利用できるのも理由の1つに該当します。

iPadキーボード・マウス利用!Bluetooth接続の設定方法
皆さん こんにちは! iPadでキーボードやマウスを利用する活用方法もありますが、この活用は果たして本当に上手くいくのでしょうか? とても残念な事に少しでも興味や関心が有ると、チャレンジしちゃうんですよね。何か不思議な魅力を感じるのである。...
iPad
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
isepad

コメント