PR

iPad Safari 機能拡張を追加する方法や便利な使い方

iPad
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを所持している場合では、ウェブブラウザも利用する機会にも恵まれますが、どのように使っているのでしょうか?

といっても主に、ブックマークしているお気に入りのウェブサイトをピンポイントで表示して閲覧する場合が多いような気がします。

これ以外では、Google Chromeパソコン版のように機能拡張も利用できるので、使ってみるのも1つの方法になります。

今回の記事は『iPad Safari 機能拡張を追加する方法や便利な使い方』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用するSafariウェブブラウザの便利な使い方

ここでは、iPadでネット検索する場合に利用するウェブブラウザのSafariについての内容になります。

Safari ウェブブラウザ

iPadに標準インストールされているウェブブラウザはSafariになります。必ずSafariを利用しなければいけない!という事ではないです。

Google Chromeを利用したい場合では別途インストールすれば問題なく利用できますが、iPadでは残念なことにChrome拡張機能は利用できません。

何故か?というと、拡張機能が利用できるのはパソコン版になりますから、iPad版では利用できません。

それに対して、iPadで利用できるSafariの場合は機能拡張も利用できるメリットがあります。

 

Safariの検索エンジンは変更できる

iPadでキーワードによるネット検索を行う場合に利用するSafariウェブブラウザになりますが、検索エンジンは何を利用していますか?

Windowsパソコンを利用している場合ではMicrosoft Edgeを利用している場合が多いので検索エンジンはBingになります。

iPadで利用するSafariでも検索エンジンのBingを利用したい場合では、カスタマイズにて対応できます。

 

お気に入りバーは表示できる

パソコンでウェブブラウザを利用する場合では、ブックマークバーを表示させていると思います。

その方がブックマークしているウェブサイトにピンポイントでアクセスできるため、とても便利に感じます

それをiPadで利用できるSafariでも、お気に入りバーを表示できます。どこで行うのか?と言えば、設定のSafariにある「お気に入りバーを表示」のスイッチをオンにするだけです。

 

iPad Safariは機能拡張を利用できる

ここでは、iPadで利用するウェブブラウザのSafariは機能拡張を利用できるについての内容になります。

足りない機能は追加できる

iPadでウェブブラウザのSafariを利用していて物足りないな~と感じる場合もあります。このような場合はどのように対応しているのでしょうか?

何もしないで、こういう仕様なんだ!と諦めてしまうのかな?でも、これだと、今後も次から次へと何かしら?そのような事が発生すると思いますから対応しておいた方が良いです。

そうしないと、iPadの使い道が減ってしまいます。具体的にどのように対応すれば良いのか?と言えば、足りない機能は追加すれば良いのである。

 

Safari 機能拡張を利用する前に

Google Chromeで利用できる拡張機能とは異なり、Safari iPad版で利用できる機能拡張はChromeと比べると少ないです。

必ずしも自分にとって最適に感じる機能拡張が見つかるとは限らないのが実情になります。

何も入れる必要はないのに、とりあえず入れてみるか?といった使い方はあまり良い選択肢ではないです。

とりあえず試すのであれば別に良いのですが、使ってみてイマイチだったら、削除した方が良いと思います。

 

機能拡張は無料?有料?

Safari iPad版に追加できる機能拡張は無料で利用できるのか?と言えば、無料もあるけれども有料で提供されているのもあります。

 

iPad Safari 機能拡張の追加方法

ここでは、iPadでウェブブラウザのSafariに機能拡張を追加する方法についての内容になります。

機能拡張を追加する場合

Safari iPad版に機能拡張を追加する選択を行う場合では、Safariを起動する選択を行ってしまう場合も多いのではないでしょうか?

結論から先に言うと、Safariを起動してもしても追加できません。追加する場合は設定のSafariからアクセスできるようになっています。

iPadの設定を開いて、左側メニューの中にあるSafariを選択し、機能拡張の項目をタップすると、「機能拡張を追加」があるのでこれを選択します。

そうすると、App StoreのSafari機能拡張が表示されます。

 

iPad版Safariに機能拡張の追加方法

App StoreのSafari機能拡張が開いたら、パッと見た感じでは色々と豊富にある印象になりますが、実際には見せかけ的なので注意も必要です。

iPadのSafari機能拡張の右横(右端)に「すべて表示」があります。これをタップすると、Safari iPad版で利用できる機能拡張の一覧が表示されます。

え!? こんだけ?とビックリするのである。果たして本当に利用したいと感じる機能が見つかるのか?流石にこればっかりは何とも言えません。

 

iPad Safari 機能拡張 追加レビュー

ここでは、iPadでウェブブラウザのSafariに機能拡張を追加してみた感想についての内容になります。

実際にSafariに追加の機能拡張の紹介

iPadで利用するウェブブラウザのSafariに追加できる機能拡張は少ないのですが、それでも利用してみたいと感じる機能は1つぐらいは有るものです。

たぶん利用する機能は無いだろう?と思っていたのですが、見つかってしまったんですよね!

何を追加したのか?と言えば、iPadでYoutube動画視聴もしている関係もあり、ピクチャ・イン・ピクチャ機能は入れてみました。

でも入れる必要はなかった事に気が付いて削除しています。

 

ピクチャ・イン・ピクチャ機能のPiPifier

Youtube動画視聴に利用できるピクチャ・イン・ピクチャの機能拡張であるPiPifierを追加したけれども削除した理由は何なのか?と言えば、入れる必要がなかったと言った方が正解です。

何故か?というと、そもそもYoutubeにはミニプレイヤーの機能が搭載されていますから、iPad版だったとしても利用できるのである。

 

Safari 機能拡張 使用レビュー

筆者の場合は、Safari iPad版で利用したいと感じる機能拡張が無かった事もあり、実際には利用していません。

PiPifierは確かに追加したけれども利用する前に削除しているので使っていません。もうちょっと利用できる機能が多くないと、追加したいと感じるようにはならないと思います。

現状では特に必要ないかな?ということで落ち着いています。

iPad
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
isepad

コメント