PR

iPad Split View画面2分割の勉強法はオススメしない

iPad 活用術
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入する場合では、Apple Pencilも同時購入する場合も多いですが、どのような用途に利用しているのでしょうか?

どうして、このような事を言うのか?と言えば、デザイン関係の仕事や趣味があれば便利かも知れませんが、手書きする用途ってそんなに多いかな?と思うのである。

でも、よくよく考えてみると、勉強・学習用途では確かに書いて覚える必要もありますから、この用途に使えるのではないかな?

幸いな事に、iPadには色々と便利な機能もあるので勉強活用も1つの選択肢かも知れません。

今回の記事は『iPad Split View画面2分割の勉強法はオススメしない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは勉強・学習にも利用できる

ここでは、iPadを利用している場合では、仕事や勉強にも活用できるについての内容になります。

iPadは勉強に利用する場合にも役立つ

iPadをどんな用途で利用するのか?は人それぞれ異なります。仕事に役立てる場合もあれば、株式投資に利用する場合もあります。

勉強学習といった用途で利用している場合も意外と多いですから、色々な用途に便利に活用するのが良いのではないでしょうか?

幸いな事に、勉強に役立つアプリも豊富にあるので、iPadを勉強に使うのも1つの方法になります。

 

Split View

iPadで利用できるマルチタスク機能の1つとして、Split Viewがあります。この機能は、iPadの画面の左右にアプリを配置できる機能になります。

2つのアプリを同時に利用したい!といった用途に便利な機能になりますが、デメリットもあります。

それは何か?というと、アプリを画面の左右に分割して表示する事になるため、小さい・狭いと感じる場合があります。

あと、タッチ操作で簡単にSlide Overにすることもできます。必要に応じて臨機応変に変更できると便利に利用できます。

 

Slide Over

iPadで利用できるマルチタスク機能の1つとして、Slide Overがあります。この機能は、アプリをあたかも浮いているように見えるフローティング機能になります。

すべてのアプリが、この機能に対応しているというのではないので注意も必要です。この機能を便利に活用できるアプリもあれば、そうではないアプリも有るというのが実情です。

このSlide Overを利用すると、画面の左右の端っこに隠して非表示にできますが、その代わりに表示できるのは3分の1程度のサイズになります。

3分の1のサイズで利用しても便利感じるアプリじゃないと便利に活用できないと思います。

 

iPad Split View画面2分割で手書きノート入力は便利?

iPadには画面2分割できる機能として、Split Viewがあります。この機能を利用すると、左右のどちらか?に手書きノート入力できるようになります。

画面2分割による手書きノート入力は便利?

iPadを購入する時に、一緒に使うと便利に感じるということで、Apple Pencilも同時購入する場合も多いですが、このタッチペンを活用する方法として、Split Viewという機能が役立つかも知れません。

Split Viewを利用すると、画面の左右にアプリを配置できるようになります。そのため、仕事や勉強・学習にも活用できる場合があります。

画面のどちらか?にノートアプリを配置して、Apple Pencil手書き入力を行うと便利に感じる場合もあれば便利に感じない場合もあります。

どうしてか?と言えば、「感じ方」というのは個人差があるため、一概には何とも言えないのが実情になります。

あと、もう1つの要素としては、iPadのサイズも少なからず関係あります。

何故か?というと、iPadシリーズには無印iPad、iPad Air、iPad Pro、iPad mini があるため、どれを利用しているのかな?も影響します。

 

手書きノート入力は全画面で利用が最適

あくまでも個人的な見解としては、手書きノートアプリを利用するのであれば、Split Viewの機能で画面2分割にするのではなく、全画面で利用した方が最適に感じます。

全画面であれば、画面2分割よりも広いスペースを使えるのでフリーなスペースを有効に活用できるようになります。

それならば、メモアプリはどうなのか?になりますが、ちょっとしたメモだったとしても全画面で使った方が良いのでは?と思います。

又は、ウィジェットで利用できるメモを利用するのも1つの方法にないます。何が何でも手書き入力しなくても良いと感じるのである。

 

iPad Split View 画面2分割による勉強法もある

ここでは、iPadを勉強に活用する場合では、Split View 画面2分割による勉強・学習も選択肢の1つについての内容になります。

iPad勉強活用に必要なアイテム

iPad画面2分割による勉強活用に必要なアイテムは、iPad本体とApple Pencil(代替品のiPad対応タッチペンでもOK)になります。

 

iPad Split View 画面2分割の勉強法とは?

iPadのSplit Viewという機能を利用すると、画面の左右にアプリやウィンドウを配置できます。この機能を使うとあたかも勉強に役立つような気がするのである。

具体的には、画面の左右のどちらか?に参考書となるアプリやPDF資料を配置し、もう片方に手書き入力できるノートアプリを配置することで準備完了となります。

あとは、Apple Pencil 又は iPad対応タッチペンを用意すれば、いつでも何処でもiPadで勉強できるようになります。

但し、あくまでも感じ方が関係しているので、このiPad勉強法を利用したからといって最適に感じるという事ではないです。

 

画面2分割によるiPad勉強法はオススメしない!

あくまでも個人的な見解になりますが、iPad Split View 画面2分割の勉強法はオススメしません

その理由としては、ハッキリ言って、この勉強法は本当に便利なのだろうか?と疑ってしまうからです。

どういう事なのか?と言えば、左右のどちらか?に手書き入力できるアプリを配置して手書き入力するのですが、とても狭いと感じます。

もっと広いスペースが欲しいのである。それもその筈で、11インチ以下iPadで画面2分割にしても、ちょっと大きい手帳サイズといった感があります。

これでは残念ながら便利に感じないのではないでしょうか?そのため、オススメしません!という結論になります。

 

iPad Split View 画面2分割は、iPadサイズ次第

ここでは、iPadでSplit Viewによる画面2分割の機能を利用するのであれば、使用するiPadのサイズも考慮した方が良いについての内容になります。

画面2分割は、iPad 12.9インチが便利

iPadのマルチタスク機能の1つである Split Viewにて画面2分割にしてアプリを左右に配置する方法を利用する場合では、サイズも重要です。

オススメに感じるのは、iPad Pro 12.9インチになります。このiPadであれば、画面2分割にしても狭いとは感じないですから、最適なのでは?と思います。

とはいえ、そんなに大した用途で利用しないのに、性能の良い iPad Proを購入するのかな?という部分も考慮が必要ですから、お財布との相談や活用方法も考慮が必要になるので慎重に検討が賢明な選択です。

特に考慮が必要な点としては、性能が良いので、購入して果たして本当に使いこなす事ができるのか?と、継続的にこのサイズのiPadを毎日のように利用するのか?という部分に尽きます。

 

11インチ以下のiPadは便利に感じない

筆者の場合は、10.9インチの無印iPadを利用していますが、このサイズで画面の左右にアプリを配置して理利用しても全く便利に感じないです。

むしろ不便と言っても良いのではないかな?と感じます。というのも、普段からアプリは全画面で利用していますから、これを半分のサイズで表示しても便利に感じないです。

視力も少なからず関係ありますけれども、アプリの表示サイズが小さくなれば、表示する文字サイズも比例して小さくなるので、これをどうやったら便利に感じるのかな?となってしまいます。

ハッキリ言って、どんなに便利な機能だったとしても、表示するサイズも考慮した方が良いです。

iPad 活用術
スポンサーリンク
スポンサーリンク
isepad

コメント